2007年02月14日

リチャード・ギア、ドイツ政府に中国の人権問題解決を要請


リチャード・ギア(Richard Gere)が、昨日12日にドイツで行われたシネマ・フォー・ピースのイベントで、同国政府に対しチベットに対する人権抑圧問題で中国政府に圧力をかけるよう要請した続きは人気blogランキングへ




長年チベット問題に取り組んでいるギアは、EU及びG8で議長国を努めるドイツを称賛。その上で「ドイツの歴史的な第一歩」を求め、「中国に現代社会の一員となるべく圧力をかけるだけでなく、後押しするといった素晴らしい可能性がある。チベット問題は中国との間で絶えず議論されるべきだ。1950年代に中国共産党軍がチベットに侵入してからというものチベット人は厳しい抑圧を受け続けているのだから」と発言した続きは人気blogランキングへ



ラベル:矢沢心
posted by Rёona at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。