2007年02月16日

『24』の拷問シーンに米軍が難色


キーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)演じるジャック・バウワーによる拷問シーンの多さに難色を示す米軍が、大ヒットドラマ『24-Twenty Four-』のプロデューサーらに抗議を行った続きは人気blogランキングへ



先日、米陸軍准将のパトリック・フィネガン氏が撮影現場を訪れ、『24』が兵士の間で人気が高いことから拷問シーンが海外に駐在する米軍に影響を及ぼすとの懸念をプロデューサーに伝えたという詳細は人気blogランキングへ

ニューヨーカー誌によると、フィネガン氏は、「ああいったことはやめてもらいたい。拷問はうまく行かないという流れにすべきだ。若者たちが番組を観て『拷問が悪いと言われますが、『24』はどうなんです? 』と言うんだよ。気がかりなのは、いくら拷問がジャック・バウワーに苦悩を与えたとしてもだ、それが常に愛国心のためというところなんだよ」と語ったとのこと。

人権団体のヒューマン・ライト・ファーストのスポークスマン、デイヴィッド・ダンジング氏は、「(拷問シーンが悪影響を及ぼすかという事に関しては)疑いは無いと思う。イラクに派兵経験のある兵士たちと話した時にも、若い兵士にとってはテレビで目にしたことと任務の遂行には直接的な因果関係があると言っていた。合衆国と我々の軍のイメージが物語っているよ」と述べている続きは人気blogランキングへ



posted by Rёona at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。